読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケチのついでにスーツを買う、他ライブ2本

先輩の結婚式の二次会パーティがあったのだが、別の先輩から
「ポケットチーフはマナーでしょ」とか言われたため、それを入手すべく街へ繰り出した。


で、せっかくの機会なので、スーツを一着買おうかと思い、P.S.FAなる大きめのスーツ屋さんへ足を運ぶ。
店内を一回りした後、チーフのある場所を見つけたので、そこで少し見ていたら、
やっぱり店員さんが声をかけてきてくれました;


「お祝いごとですか?」


てなわけで、状況を説明し、靴からベルトから全てをコーディネートしてもらった。
スーツは全く着ないわけではないので、かねてから買おうとは思っていたのだ。


そんなわけで、その日の夜は、靴下とパンツ以外はその日の昼に買った衣服に身を包み、
六本木の会場へ出向いたのである。


日曜。
前日遅くまで飲んでいたため、眠くて眠くて仕方なかったが、というか半分眠りながらもコンサルっぽい本を読む。
そんな本が、そんな状態で頭に入るわけもないが、とりあえずいいところまで読み切る。


というのも、夜には再びライブが控えていたから。


その日はまたもやビルボード。最近はビルボードがすっかりお気に入り。まだまだ似合わないけど、
スケジュールを見ると、ちょいちょい面白そうな人が出るんです。
料理代も含めると結構なお値段になるのだけど、満足度も高い。
他にお金の使い方も知らないし、数少ない贅沢にしちゃ、かわいいもんでしょ。


それで、その日の演目は、


ジム・オルークによるバート・バカラック・トリビュート」


なるもの。ジム・オルークバカラックも実はよく知らないのだが(似非音楽ファンですもん)、
ではなぜこれを見ようと思ったかというと、それは豪華なゲストを従えていたから。


ぱっと見で、細野晴臣坂田明カヒミ・カリィに極めつけはやくしまるえつこ


青山陽一小池光子ジム・オルークも加えてボーカルをかわるがわる取るため、
一人ひとりを味わうことができなかったというのはあるが、
まあ、それはそれとして、全体を通してやっぱりここはいいなぁ。


このライブ、メンバーは、先日同じコンセプトにより作成されたアルバムが元になっていて、
歌っている曲、人も大体同じであったため、ある程度は予習もできたし、何より曲がいいことが分かった。
バカラック。今さらながらちょっとアンテナを立てておこう。


なんか細かいところまで書くのめんどくなったので、ゲストメンバーを見て想像してもらえればと思う。
この興奮を。


ジム・オルークは絶えずジョークを飛ばしていたが、半分は外人特有の発音で聞き取れず、
また半分は自分で笑ってしまっており、何を言っているのかよくわからなかった。
とりあえず、冗談を言っているぽかったので笑っておいた。



さて、新たな一週間の二日目の火曜日は、新入社員(といっても中途採用の年上)の自己紹介の会を途中で抜け出して
小雨の降りしきる中、都立大学駅へ。目的地は目黒パーシモン・ホール。
お目当ては、


原田知世


です。バックバンドはヤングマスターズと名付けられておりました。「原田知世とヤングマスターズ」とね。
ギターは先日コモンズ感謝祭で見たnaomi & goroでもおなじみの伊藤ゴローさん。
ベースにミト、ドラムは千住宗臣、キーボード梅林太郎にバイオリン伊藤彩、だったかな?


知世さんを初めて聞いたのは、25周年目にだされたmusic & me。
きっかけは思い出せないが、これがすごいツボで、過去作品には手をつけていないが、
その後のpupa(高橋幸宏らのバンド)や今回のツアーのメイン「eyja」を聴いて、ますます知世さんが好きになる。


40にしてこのかわいさ、もあるけど、意外としっかりしてるけど柔らかい歌声。
曲、アレンジも落ち着いた感じに仕上がっていて、とても心地よい。


さて、そのライブ(なんとファイナルとのこと、カメラが入っていたのでもしかしたら…)なんですが、
ライブステージというよりか、舞台っぽさみたいなところがあり、
知世さんもファッションショーでしか見られなそうな衣装を着ていた。


始まり方も、7人の小人の宴みたいなのを舞台の裏から映し出したり、
giving treeの前に詩を朗読していたり、なかなかライブ(ショー?)全体として面白かった。
ミトさん、使っていたうちの一本はヘフナーなのかな?
千住さん、思ってたよりも若い。ヤングマスター。


正直なところ、知世さんの歌は音程が安定していなくてあんまりうまくなかったけど、
小さなギターとかかわいかったし、なんか、そういう細かいところを超えて「よかった」と思えるのね。わかるかな。



そんなわけで、今日、会社のとある人の代理でM大学に受けに行ったセミナーの話は
ちょっと入りそうにないので、メモ書きです;


@M大学
講師:バングラデシュはデッカ大学の教授
テーマ:マイクロファイナンス
ポイント:営利化と政府統制
帰り際:チアリーディングやってた。応援団に「神宮来てください!」って誘われた。



なんか今日はやたらとやることが多かったな。今週は全体的には暇なはずだったのだけど。



y-intercept