読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメダメなこともあるけれど

三連休明けから体調を崩しまして、休みはしなかったものの、
のどの痛みに始まり、終盤は鼻水ダラダラで、
周りからは「花粉症じゃない?」と花粉症の人ほど嬉しそうに言われましたが、
その週末には無事に復活したのでどうやらまだ花粉は平気なようです。


ここのところ、試験の方は結果はともかくひと段落し、一方で決算は3月しめてからなので、
仕事は凪というのでしょうか、比較的やることは少ないので、
憂さ晴らしも兼ねてライブに行ったり、あとお誘いもあるのでライブしたりして過ごしています。


この前の土日には、菊地氏のダブルコンサートに参加し、日曜のDCPRGにおいてはなんと席が最前列のほぼ真ん中っていう、まあ、音響とか視覚的な環境としては最高とは言えませんが、
目の前であの変態軍団の演奏を目の当たりにして、至極興奮でありました。


リーダーの菊地氏はコンダクターも担っており、後ろを向いてキーボードなどを演奏しているのですが、
まあ言ってみればダンスミュージックですので、彼もお尻を振り振りしており、
席が席だけに、自分は時間の半分くらいその振り振りされる菊地氏の尻を見ていたわけです。
いや、こんなこというと失礼ですけど、40過ぎのオッサンの尻を眺めていてもそんなに楽しくないですね。


でもコンサート自体は最高でした。ほんの数時間でしたが、いやなことは忘れてヘドバンしてました。



この水曜日には、コトリンゴさんのpicnic album2リリースパーティ(という名のライブ)へ。


前半はソロ、後半はドラムス神谷ジュンペーさんとのデュオの二部構成で、
それぞれに聴きどころがあって楽しかった。
若干のハプニングもどこかほほえましく感じるのは、人の雰囲気か、場所の雰囲気か。

いずれにせよ、あれだけ素晴らしい演奏を聴かせてくれるのに、
凄く親しみを感じるというか、歩み寄ってきてくれるようなところがあって、ちょっと抜けているところがそれを助長しているのかもしれん。


気持ちはほくほくしており、気温も低くなかったので、
原宿から池袋まで歩いてしまったよ。


来月もいくつかライブがあるので、気持ちのメリハリのために楽しんでいきたいと思う。



y-intercept