読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水上に行ってきました他

何気に試験まで一週間を切っているが、なんだこの出来の悪さは。昨日の疲れと風邪のせいにしたい。
分かっちゃいるのに季節の変わり目でまんまとやられました。不摂生は思ってる以上に影響しているかも。


昨日は大学時代の友人達と群馬県は水上まで、キャニオニングなるものをしに行ってきた。

キャニオニングと一口に行ってもそのバリエーションはかなり豊富らしいが、渓谷を行ったり来たりしながら滝に飛び込んだり天然のウォータースライダーしたり、激しい川/沢遊びみたいな感じ。だった。自分がやったのは。

3〜4時間のコースだったが、滑り台はやっぱ天然は違うね。鼻に水入りまくって、あちこちぶつかったりもして、結構身体のあちこちがまだ痛い。
風邪気味で喉も少し痛かったのだが、たぶん若干悪化の方に向かった気がする。

秋に入りかけの群馬というだけあってやや寒く水も冷たかったこともあり、多少のダメージはあったが、総じて楽しかった。
まあ、それ(と帰りの渋滞)を見込んで今日は休みを取っていたんだが(一番の目的は有休の消化)。

たまにはアウトドアなこともしないとね。


さてー、三連休初日の金曜夜は、初COTTON CLUBにて、山中千尋のReminiscenceリリースパーティ。
リリースパーティといいつつ、まあいつもどおりのライブだったんですけど、そしてアルバムては演奏のテンションというか、あがり方が全然違ったんですけど、今回は確か山中さんは初めてかと思いますが、サインいただきました;

演奏の方は、軽やかだけどアツく、MCは相変わらずふわふわとして天然ぽい感じだったんですが、山中さんは、どうもアツくなり過ぎたときの感じがいつも同じ感じになっちゃう気がして、アツくなり過ぎるちょっと手前までの部分がすごくいいんじゃないかと思う。
ここはホントに思わずニヤけてしまうくらい心躍る感じなんだよねー。
ただ、ある点を超えると、楽しいは楽しいんだけど、手癖みたいなのが出てきちゃう感じ。

でも、考えすぎない、とにかく楽しく演奏する、という感じがすごくいいよね山中さんは。
ちなみに、なんかおすすめされていたロン・サカパ23という、ラム酒をいただいたのだが、これすごくおいしかった。

コットンクラブもブルーノートビルボードと同じく少しお高い感じだけど、やっぱり雰囲気がいい。広すぎず、でも落ち着くくらいの空間があって。

レミニセンス(初回限定盤)(DVD付)

レミニセンス(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 山中千尋,脇義典,ラリー・グレナディア,ジョン・デイヴィス,バーナード・″プリティ″・パーディー,バーナード・″プリティ″・パーディ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る


さあ、疲労×風邪気味なんだけど、送別会で少し、というかだいぶ飲んだので明日の体調が少し心配だが、まあなんとかなるっしょ。もうそんなに若くないけど。


そろそろ上期の自己評価をしなきゃならんのだが、あんまりよくないなー。遊んでばっかりだったし。
でもまあなんとかなるっしょ。とりあえず明日もがんばりまーす。


y-intercept