読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1,2,3

「司法試験よりも難しい」とも言われる試験があり、例年は年に一回、12月24日から3日間にわたって行われ、
年が明けて2月14日に結果が発表される。
昨年および今年は14日が土日であったためか、去年は13日、そして今年は16日の発表となった。
で、こんなことを書いているということは、もちろん自分も受けたわけであるが、
その結果はというと、一次試験残りの3科目中、合格0、すなわち、全て不合格だった。


不合格の場合には、合格ラインまでの点数によってランクがつき、惜しい方からⅠ、Ⅱ、Ⅲとなる。
つまり、まあタイトルの示す通り、三教科でⅠ、Ⅱ、Ⅲをそれぞれ取ったというわけです。
笑えない。何の自慢にもならん。


しかし、傍から見るとあまりわからないかもしれないが、この合格ゼロというのは、実に相当のショックを被る。
まず、試験は年に1回である。次のチャンスは来年であり、
他の多くの資格試験と違って、それまでの間、「合格ゼロ」であったにも関わらず、お金をもらって働き続けるのだ。
業界人であれば、もちろんその難しさも知っていようが、いやはや肩身の狭い一年間になりそうである。


本当に心底落ち込んでいる。だから、ここにこうやって吐き出してみる。


さて、来年に1科目でも合格するにはどうすればいいのか、ということを問題があるが、
それなりに仕事もあるし、しばらくは試験のことをあまり考えたくないので、少し放置してみたいと思う。


ああ、また周りの人から「どうだった?」という質問され、「ダメでした」という回答を続けなければならないんだろうなぁ。


今日は、先輩にトンテキを御馳走になって慰めていただきました。



y-intercept