読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の両端…EKIDENからSalyuまで

この前の日曜日は会社の同僚と荒川で行われたEKIDENカーニバルというイベントに参加してきた。
その名の通り駅伝で、4人がそれぞれ3〜10kmを走ってタスキをつなぐというルールで、自分は5kmだったのだが、
この大会自体がすごくゆるいというか自由で、ガチで走るチームから仮装してワイワイとやるチームまでさまざま、
他人の迷惑にならない範囲で各自楽しみましょう、というスタンスなのだ。


で、うちのチームは別にガチで走るわけでもないけど(トップチームと比べてって意味で)
会社のロゴが入ったお揃いのTシャツを着て、自分たちなりに真面目に走った。


空は晴れてよかったが、むしろ気温が高かったのと、空気がやや乾燥気味だったのが少し厄介で、
走り始めてからすぐにのどが乾いてしまったし、中継所の地面からは土煙が舞っていた。


うちの会社からは社外からの助っ人を交えつつ3チーム出場したが、どのチームもほぼ同タイムで完走。
無事だったことに感謝しつつお昼御飯を食べて(少しビールを飲んで)帰りました。
ああ、つまり、大会は(自分たちが参加したレースは)午前中でした。


練習不足だった割には(この半年で5kmを3回くらい走っただけ)まあ、完走したし、タイムは気にしないことにする。
帰ってから少し課題に手をつけたりしてね、まあ、大して進まなかったのだけど。


さて、この一週間は年度末決算への本腰と、月次決算作業が重なって少し忙しく、
前半はやや帰りが遅かったりもしたが、でも一日はフィッシュ&チップスを食べながらレッドブル・ウォッカを飲んだし、
別の一日は目黒のおいしいやきとりの店にも行ったりして、実は余裕があるんじゃないか、という感じ。


そして今日は、とりあえず急な用事はない状態だったので早々と退社して、渋谷のクラブクアトロへ。


最近、メッキリ好きなフルカワミキの、2年半振りくらいというワンマンライブ。
自分は世代的にはスーパーカー終末期みたいだけど(まわりにはスーパーカー好きも結構いる)
自分はむしろ解散してからその存在を知り、というか、もうほとんどスーパーカーのことはよくわからなくて、
フルカワミキから入った、という方が正しい。


なんとMirrorsの初回版も持ってたりする。ヒカリものに弱くて、あのジャケットが呼んでいたのです。


そして、極めつけはツイッター
ただアカウント見つけてフォローしただけで、すごく親しみを覚えるというか、近しいという錯覚を起こすのだ。


そんなわけで、最近はライブ前ということもあり、フルカワミキ祭。
改めて聴いてみて、声もいいのだけど、歌がすごくいいノリを引きだすし、メロディーも耳に残る。
最近は繰り返しがすごく心地よく思えるようになってきたが、そのいい例だと思う。


そんな久しぶりのライブは盟友ナカコー、沼澤尚ナスノミツルと牛ナントカ(すみません、知らない人です)
というメンバーで、もちろんミキちゃんもベースをかついでいて、ツインベース。
オールダウンピッキングのミキちゃんの右手に萌えー。


最新アルバム「Very」からの曲を中心に、でもコーヒー〜とかサイコアメリカとか過去の曲も織り交ぜつつ
アンコールのときに「20曲やった」と言っていた。
確かに一曲があまり長くないので、たくさん詰め込めるんだろうなぁ。
それだけたくさん楽しめた!このくらいのビートってすごく気持ちいいんだ、きっと。


そうそう、オープニングアクトに「nite club」という人が出ていた。
ほぼ全打ち込みでたまにシンセを弾いて、歌って、それから踊ってと、なんだか変な人。
本人がとにかくすっごいノリノリで、客の方がついていけてない感が少し残念だったけど、
もうちょっとちゃんとしたところだったら踊りとか意外にすごいんじゃないかと思った。


ただ、やっぱりメインイベントに入って「やっぱりバンドサウンドだよなー」ってのを感じずにはいられなかったけど。
多少打ち込みがあっても、やっぱりバンドで演奏する方が好きなんです。


今回のミキちゃんの場合、一つ言うとしたら、打ち込みまではいいとして、コーラスはコーラス要員が欲しかったな。
まあ、ミキちゃんの声は結構独特だからなかなか難しいのかもしれないけど。



さてさて、そして明日は昭和女子大人見記念講堂にてSalyuを見てきます。
そのためにオペラグラスを入手しました。多少大きなところではやっぱりあった方がいいかな。と思って。
スタンディングで行くようなライブにはいらないけどね。



さあ、今日はそろそろ寝るかな。あ、夕飯食べてない…。



y-intercept