読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒・就活・影響力‏

社長に率直な意見・質問をぶつける、という会があったので、
経験もなく考えも浅いため、普段はあまり主張をしないのだが、
せっかくの機会なので、まとまらないながら自分の思ってることに対する社長の見解をうかがってみた。


3年生の半ばから始まる就職活動、自主留年を誘発する新卒採用枠や早期の内定など、
今の大学の就活事情はどこかおかしくて受け入れ難い。
大学を卒業した後すぐに働く、という以外の選択肢もあってしかるべきだと思うが。


と。


僕の大学時代を知る人ならわかると思うが、
自分の場合、就活が遅くなったのは半分は怠惰であり、
幸運にもご縁によって4月入社でき、しかもすごい経営者の昇り調子(?)なベンチャーであったから、
上の主張は結果オーライな自分を正当化しているみたいで大きな声では言えなかった。
でも今回は正直な気持ちを素直に言うことが主目的の場だったから、思い切って尋ねてみた。


社長ご自身の回答は概ね賛成であった。
ただし、うちのような小さなベンチャーでは影響力はないので、まずは大学生を含め多くの人に知ってもらわなくてはならない、
その点も踏まえた採用募集の施策が今は必要だ、


と。


その場ではそれ以上話が拡がることもなかったが、
そのミーティングの後になって、方々で「さっきの発言」の真意を問われたり、ちょっと掘り下げてみたりと、
若僧の、あるいは若手ならではの発言に少なからぬ影響力があったようだ。


まだ新しい会社だから、この先の新卒採用の方向性が変わる可能性もあるかもわからない。
小さい会社ゆえの発言の影響力とともに、一人ひとりの責任も大きいのかなとも感じた。


ちなみにいかなる形式であれ、今この会社受けたら間違いなく落ちる自身がある。


運とは大事なものだ。


y-intercept